瀬戸内海の島々を橋で結ぶ
「とびしま海道」と「しまなみ海道」。
おだやかな海、そして美しい橋が織りなす風景に触れ合う
とびっきりのドライブルートです。
きっと日常を忘れさせてくれる、
豊かで贅沢な時間をお過ごしください。

せとうちドライブ旅へ出発

とびしま海道

注目度急上昇中!「とびしま海道」

サイクリストの聖地として海外からも注目を浴びる「しまなみ海道」。実はその西側に呉と7つの島々を橋でつなぐ「安芸灘とびしま海道」があることは、あまり知られていません。瀬戸内海ならではの、のんびりとした雰囲気や古い町並みなど、各島々ならではの見どころ満載のスポットですよ。

松濤園しょうとうえん ココロが落ち着く庭園と
下蒲刈島の歴史を知る

松濤園には、三之瀬瀬戸の潮の流れを借景に、青々と茂る松がメインの落ち着きのある庭園と日本各地から移築・復元した日本家屋を活用した資料館があり、その中でユネスコ「世界の記憶」に登録された朝鮮通信使に関する資料が多く展示されています。この園内には、ハートマークもたくさん隠れているんですよ。ぜひ探してみてください。

蘭島閣らんとうかく美術館 総ヒノキ造りの美術館

下蒲刈には、春蘭が多く自生していたため、別名「蘭島」とも呼ばれています。この蘭島を由来にした美術館は、横山大観や福田平八郎・須田國太郎など日本を代表する作家の作品をはじめ、海や松など瀬戸内海の美を描いたものなどを収蔵展示しています。

雁木がんぎ

江戸時代に作られた船着場で、参勤交代や朝鮮通信使の船もここに到着しここから人や物が上陸し、ここから人や物が船出していきました。

県民の浜 あび 海を望むレストランで
瀬戸内の旬な食材をご堪能あれ!

ここで提供される瀬戸内海の新鮮な食材を贅沢に使った「活魚料理」は、地元の人にも愛されています。海を見ながら、瀬戸内の新鮮な魚をぜひ現地で味わってみてくださいね。色々な魚のお刺身が味わえる海人丼定食がおすすめ!

大崎下島 御手洗みたらい町並み
保存地区
江戸時代へタイムトリップ

江戸時代より風待ち、潮待ちの天然の良港として栄えた御手洗は、重要伝統的建造物群保存地区として国から選定されています。かつての商家、船宿、茶屋や神社などが小さなエリアに密集して建っていて、その間に網の目のように小さな路がはしっています。また、江戸時代の風情を留める町並みの中に、突如水色やピンクの洋館も混在していて、のんびり散策しながら宝探しのように探してみるのも楽しいですよ。

乙女座 地元で愛されるかつての劇場

かつて劇場、映画館として地元で親しまれていましたが、長らく空き家となっていました。これを地元住民の熱意により、当時を覚えている人々の記憶に基づき復元された施設です。

潮待ち館 御手洗の休憩所

御手洗のメインストリートにあり、喫茶メニューでホッと一息もできるし、島のオリジナル雑貨も取り扱っていますよ。

The Tea Cosy 本場英国の紅茶とスコーンはいかがですか?

御手洗のメインストリート沿いにあるイングリッシュティーハウス。本場英国の紅茶とスコーンを楽しめるほか、写真家である店主が撮影したポストカードを購入できますよ。

御手洗昭和館 懐かしのグッズがそこかしこに

御手洗昭和館は、昭和30〜40年代を中心としたレトロな駄菓子やお菓子、玩具、文房具、おもちゃなどを展示した施設です。レトロな町並みで出会うレトロなアイテムはよりタイムトリップした錯覚を起こし、昭和を過ごした世代の方もそうでない方も必見ですよ!

とびしまサイクリング のんびりとびしまサイクリング

近年、サイクリストから大注目の「とびしま海道」サイクリング!信号・交通量・高低差が少なく、サイクリングロードが海際を走るため、ずっと海を眺めながらのサイクリングはココロとカラダを癒してくれるでしょう。かわいいレンタサイクルがあるので、サイクリングをしながら島や町巡りもありかも!広島東洋カープ限定モデルのレンタサイクルはインスタ映え抜群!

きのえ温泉
ホテル清風館せいふうかん
瀬戸に浮かぶ島の頂上に立つ絶景ホテル

ホテル清風館は、瀬戸内海に浮かぶ大崎上島に立つホテルです。島への移動手段は、船のみ!文字通り、日常を離れ、島時間で癒しのひとときを味わえます。

瀬戸内海を見渡す露天風呂

きのえ温泉ホテル清風館最大の自慢が露天風呂!瀬戸内の島々を見渡せる絶景露天風呂は、日常を忘れさせてくれます。大潮の日は眼下に渦潮をみることができ、澄んだ日は遥か四国の石鎚連峰を望むことができます。日帰り入浴もできますよ。

Deluxe Room「陽光」

大きな窓から瀬戸内海の絶景が広がる開放的で心地よい空間。ヒノキや漆喰、やわらかく温もりのある大谷石など天然素材をふんだんに使ったモダンな癒しの空気が広がります。部屋にはなんとスウェーデン製のサウナも。すべてを忘れて究極の癒しを得られます。贅沢にぜひ泊まってみてほしい・・・!

FARM SUZUKI 国内唯一の塩田熟成牡蠣
「クレールオイスター」

養殖の舞台は、塩田跡の池。ファームスズキは、様々な生き物が共存する池の環境に寄り添ったスタイルで、牡蠣と車海老を養殖しています。併設のレストランで、これらの牡蠣と車海老を食べることができます。絶品なので必食です!

大崎上島から愛媛県今治市大三島を経由して
「しまなみ海道」へ

しまなみ海道

車も乗れるフェリーの船旅で、大三島からしまなみ海道に入り
生口島まで瀬戸内ドライブです。

しまなみドルチェ 柑橘類が美味しい瀬戸田の絶品ジェラート

しまなみドルチェは、地元で作られた柑橘などのフルーツや素材を使った美味しいジェラート。瀬戸内海のパノラマと合わせて食べると、きっと忘れられない味に!お店のデッキには、海外からのサイクリストも多く見かける人気店です。

島ごころ 瀬戸田産レモンを使ったレモンケーキ

広島は日本一のレモンの産地。中でも瀬戸田は有数の産地です!レモンケーキ「島ごころ」は、瀬戸田生まれのパティシエが作った、瀬戸田を愛する気持ちが詰まった、レモンの香りと旨みを楽しめる美味しいスイーツです。数多くあるレモンケーキと一線を画す絶品です。

万田発酵・
HAKKOパーク
2018年オープン!発酵をテーマにした
テーマパーク

カフェ、ガーデン、海のウッドデッキ、ヤギのいる動物広場。足湯やショップなどがあり、植物発酵食品を製造する工場見学もできますよ。

白滝山 因島を見渡せる絶景スポット

標高226mの白滝山は、因島を代表するビュースポット。五百羅漢と呼ばれる山頂付近にある700体の石仏は見ものですよ。また、夕陽のスポットとしても知られ、黄金に輝く瀬戸内海の景色を堪能できます。

立花ガーデン ずっとここにいたくなるところ

目の前に広がる美しい海を眺めながら、ていねいにつくられたやさしい味のランチを楽しめる「立花食堂」と素材の個性を生かしたこだわりジャム工房「cosakuü(コサクウ)」。そして、こだわりのプロダクツを集めたお店「life:style」。ここ尾道向島で暮らしたいと思わせる、やさしいぬくもりを感じる場所です。

USHIO
CHOCOLATL
(ウシオチョコラトル) 尾道のチョコレート工場

尾道市向島の立花海岸を臨む山中にあるチョコレート工場。 「食べるチョコレートから感じるチョコレートへ」を合言葉に、 世界中の農園から直接仕入れた良質なカカオ豆と砂糖のみで作るこだわりのチョコレート。パッケージはアート作品といえるほど素敵なものばかりでプレゼントにも最適。週末になると県外からも多くの来客がある人気店です。

珈琲豆
ましろ
あなたにとっての
「至福の一杯」を探して

向島にあるコーヒー豆ましろは、単なるコーヒー豆店ではありません。厳選したスペシャルティコーヒーを自家焙煎して提供し、コーヒーを淹れることの楽しさ、味や香りに確かな差異があることに気づいてもらえるよう、一杯一杯大切に淹れられています。あなたとあなたの大切な人とで「至福の一杯」を見つけてみてください。

後藤鉱泉所 ここでしか体験できないきれいな空気を味わいながら、昔懐かしの空間と味

後藤鉱泉所は、昭和5年創業の昔ながらの瓶入りサイダーやジュースを製造しているお店です。今日まで変わらないリサイクル瓶入りで、昔懐かしい味にこだわっているため、持ち帰りや通販などは一切不可。地元でしか飲めない味をぜひ体験してください!

渡船 尾道水道をミニクルージング

尾道と向島は2本の橋だけでなく,3つの航路の渡船でも結ばれています。 車(向島運航の尾道駅前渡船を除く)や自転車とともに気軽に乗船でき、片道5分弱の尾道らしいのんびりしたミニクルージングを楽しめるので、ぜひ利用してみて!

ONOMICHI U2 サイクリング、瀬戸内を堪能できる
洗練された施設

海運倉庫をリノベーションしてうまれた複合施設。自転車を持ったままチェックインでき、客室に自転車が持ち込めるホテルをはじめ、瀬戸内を体感するレストランやライフスタイルショップ、サイクルショップ等があります。サイクリストもそうでない方にもおすすめ。尾道に来たらぜひ訪れてみてください。

オススメのしまなみサイクリング

「サイクリストの聖地」瀬戸内しまなみ海道。瀬戸内海の多島美を眺めながら壮麗な橋の上をサイクリング&ミニクルージング。

広島の宿を探そう!